読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーちー

自分アンテナ大事にしたい。小心者だけど、毒舌入ることもしばしば。

私が置き場を決めた場所に夫が自分の使ったものを置く件について

いつももめるんです。これで。

主人含め私以外は、基本平らな場所があったら、とりあえず物を置きます。
平らな場所。棚の上、テーブル、洗面所の隅、テレビの前、炬燵、ベッド、イスの座面、ピアノの上(注:アップライトの上じゃなく、鍵盤の蓋の上)、ノートパソコンの上、本の上、さらに床。

とにかく平らであれば置く。斜めになっていると滑り落ちるから、平らであることが絶対唯一条件。

何を置くかというと、ありとあらゆる使ったもの、使うであろうもの、使わなかったもの、買ってきたもの、食べたもの、飲んだもの、読んだもの、聴いたもの、書いたもの。

一番もめる回数多いのは、眼鏡、スマホ、飲んだコップ、それから使った鼻紙。
眼鏡、スマホ、コップなどは、床やベッドにも放置。お尻で眼鏡踏んで割ったろかな、と何百回考えたことか。いや、しませんけどね、家計に響くから。ちゃんと踏まれないとこに移動しますよ。

で、私は、どっちかというと、整頓された場が好きなタイプなんでね、生活大変なんすけど、でも持ちつ持たれつやしね。

でもね、洗面所のこの棚のこの一角は、一等地やから(洗面台に立った時に最も手が届きやすく、どの角度からも物が取れる一番良い場所のことを、自分の中でこう読んでる。)何も置かんと、例えばヘアムース使うときにちょい置きしたり、化粧水の蓋をちょい置きしたり、「一瞬場所いるとき用」にあえて場所空けとく、って決めた定位置とかがあるわけです。私はそこに何も置かない場所、と決めた場所があるんです。

もちろん、そこも平らね。

彼は平らな場所にモノを置く習性がある故に、私が「あえて空けてる場所」に、好き勝手にものをね、置くんです。ちょい置きならいいんです。でも置かれたものは、ずーとそこに居座り続けてますから、ちょい置きじゃないようです。

そして、それをそこに置いたことを忘れてしまう…。そのまま置かれたものたちはそこで数ヶ月過ごすことも。で、また、思い出したように使ったり。

乱れている状態って気持ち悪くないのかなぁ。
え?私が神経質で面倒な人なの?
いや、彼、健忘症?病気?
男性ってこんなもの?

某男性歌手のF山氏の様なスクエアーじゃないとダメだろ!ってタイプの人って少ないとは思うけど、そうは言っても男子はこんなもんなの?世の男性の意見聞きたいわ…。