読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーちー

育児、家事、仕事、ときどきDIY、音楽、読書。日々思うこと、いろいろ。

世の中の暗い闇の部分について知ること

私は幸い大きな不幸に見舞われる事なく、これまで比較的平和な人生を送って来ました。それは本当に有難い事で、神様に感謝したい。

ところで最近、こんな記事を読みました。(ヘビーな内容と思う人も居ると思うので、それを踏まえて読んで欲しいと思います)
www.asahi.com

こういった世の中の暗い闇の部分について、私達はネットも見ない、テレビも見ない、ラジオも聴かない生活をしていたら、知ることはきっとないでしょう。(人づてで聞くことも考えられますね)でも、今はそこかしこに情報を知ることの出来る装置が存在します。皆が、それを知らせてくれる。それを知らせることを職業にしている人も沢山いる。人のうわさが好きな人も沢山いる。
私もこの記事を、ネットニュースが配信されるアプリから読みました。正直、後でこれ読まなきゃ良かったかな…と少し思いました。これを知ったから、私達どうしたらいいんだろう、こんな極端な出来事を聞かされて、何をしたらいいんだろうと。

先日障害者施設での残酷な殺人事件が起こったり、それこそ親が子を殺す、子が孫が親を祖父母を殺す、なんてことはもう日常です。そんなニュースがない日がない。世の中は暗い暗い闇だらけなのかとも思わされます。もちろん、世界には悪いニュースも良いニュースもどちらも存在し、その量・質というのが半分半分だったらまだましだなと思いますが、やっぱり悪いニュースは非常に残る。頭にも心にも残ります。

私は、数年前に自分が継母になりました。シンデレラに登場するあれです。シンデレラをいじめる悪い母親です。継母という言葉が持つイメージは、あまり良くないんじゃないかと思います。実際、自分が自分のことを改めて「継母」と認識すると、他人事のようで、なんだかなぁ~と思ってしまうのです。でも、一応特に子供が私に噛みついたり殴ったり押し合いへし合いしたり、私が子供たちのことを押入れに閉じ込めたり寝ている間に枕を押し付けたりご飯を与えなかったり、なんてことは今のところありません。子供特有の思春期の面倒くささはあるものの、何とか平穏無事にステップファミリーをやっています。

それもこれも、周りの人のサポートやお互いの思いやり、それから神様のご加護のおかげと感謝しています。

それはそうとして、ステップファミリーだから残忍な殺戮が起きた、とか、両親が離婚し親の生活態度が子供を狂わせ殺人に至らせた、とか、そんな分かりやすい原因で持って、人は凶行に走るかというと、そういう訳ではないんじゃないかと思います。日常のささいな行き違いとか、考え方の擦れ違いとか、コミュニケーションの希薄さだとか、どんな家庭・人間関係にも潜むちょっとした問題点が何年も積み重なって、何かの拍子に爆発することだってあるんだと思います。そして、それは自分の身にも起こりうることだということ。

人は良い面ばかりじゃない。暗い、悪い面だって持ってる。私も。でもやっぱり良心が働いて、悪い行動をさせなかったり欲を抑制したりしているから、平穏でいられる。
でもその歯車が狂うことだって、いつでも可能性としてはあるんですよね。

暗くて本当は聞きたくないニュースも、実際に起こったこととして聞くと、あぁ人ってそんなことをしてしまうんだ、と立止って考えるちょっとした瞬間になるわけで、いつもいつもテンション高くイェーイ!楽しいぜ、ウェーイ!と毎日楽しく過ごしているところに水をさすかもしれないけれど、やっぱり人類皆兄弟、生物として同じ仲間が、犯した間違いについて知るということには、意味があるのかなと、思うことにしました。

本当は、暗い闇の出来事なんて、この世から無くなったらいいのに、って思ってますけど。
そんなお花畑な社会というのは、きっと存在出来ないんだろうなと思います。